日本

Digital Engine DE5500は、第7世代Intel®Core(i3、i5、i7で利用可能)によりサポートされています。このモバイルプロセッサにより、ほとんど電力を消費しません。最大32GBのDDR4デュアルチャンネルメモリをサポートします。標準の小型デジタル・エンジンは、デジタルサイネージアプリケーションに向け、キオスクまたは画面の後ろに簡単に統合設置できます。さらに、最新のAOPENインテリジェントコントロールユニット(AiCU)がオプションで提供されます。この機能は、デバイスの監視及び制御できる、手軽に操作可能な管理ツールを提供します。

小型設計

小型設計により、キオスク内またはスクリーンの背後に容易に統合できます。AOPEN の小型設計は、Digital Engine (DE) モデルに使用される標準です。Digital Engine シリーズのサイズは、最大 166 x 48 x 177 mm に設定されており、その幅は、166 mm に設定されています。Digital Engine は、キオスク内の機器を交換した後でも、既に取り付けられている場合でも、長期間にわたり使用できる設備投資であることが、計算すれば分かります。

DE5500
DE5500
Trusted Platform Module 2.0

TPM は、統合された暗号鍵を介して、ハードウェアを保護するように設計された専用マイクロコントローラです。これは、デバイスが盗まれた場合でも、データが安全であることを保証するために、ハードドライブ上のデータが暗号化されることを意味します。

Intel Core-i プラットフォーム

DEX5550 および DE5550 は、Intel Core-I プラットフォームをベースにしています。より具体的には、第 6 世代 Kaby Lake プラットフォーム技術です。これらの演算デバイスは、i3、i5 および i7 で、したがって異なる SKU で利用できます。

DE5500
DE5500
Integrated HEVC/H.265 10bit codec

これらの装置は、HEVC/H265 10 ビットのような最新コーデックのネイティブなハードウェアデコードに対応します。CPU をオフロードすると、GPUは、ビデオのデコードを処理します。これにより、最大 60fps の流暢な再生が可能になります。

製品スペック
お見積り

利用条件プライバシー・ ポリシーを読み、その内容に同意します。